コラム」カテゴリーアーカイブ

食品包装のメリット

食品を包装する「食品包装」は、スーパーで見かけるさまざまな食材を守っています。食品包装は、大きく分けて四つの役割があると言われています。まず、食品の品質を守るという点です。生産から流通・消費で運ばれていく中、どうしても品物はダメージを受けやすくなってしまいます。その衝撃から守ることはもちろん、良い包装をすることで賞味期限を延ばすこともできます。次に取り扱いを容易にするということです。輸送がしやすい・保管がしやすい・陳列がしやすいというので、全体効率が上がります。コスト削減ができるのは、大きなメリットです。次に、情報伝達をスムーズにすることです。容器に賞味期限や材料などを分かりやすく書いておけば、消費者も安心できます。同じ情報伝達として、広告効果を与えるということもあります。食品包装によって、商品の魅力が大きく変わってくるでしょう。

ビニール袋の素材とは

普段からよくポリ袋とビニール袋を使っているけれど、それらの違いがよく分からない、という方は多いです。では、どのような違いがあるのでしょうか。
実は、そもそも素材が違います。ポリ袋の素材がポリエチレンやポリプロピレンであるのに対し、ビニール袋の素材は塩化ビニル樹脂です。素材の名前から、商品名が名付けられた、と言っても過言ではないでしょう。
ビニール袋は、塩化ビニル樹脂の中でも、軟らかいものが使われています。ですから、あれだけ柔軟性があって、沢山のものが入る袋になっているのです。
ポリ袋は、裂けにくいということが特徴として挙げられるため、ビニール袋以上に沢山のものを詰め込むことができます。また、素材の加工の仕方によっても、その性質が変わる、という特徴があります。
ビニルは袋だけでなく、様々な商品に使われています。その魅力を知り、楽しみましょう。

受圧面積とは

配送物を安全に運び届けるために、緩衝材がよく使われます。配達を利用した方ならば、ダンボール箱に、発泡スチロールが敷き詰められている、というような経験をしたことがあるかと思いますが、この緩衝材が、うまく働いているか、測る指標というものが存在します。
その指標はいくつかあるのですが、そのうちの一つに、受圧面積というものがあります。受圧面積とは、配送物に衝撃が加わったときに、緩衝材のどのくらいの面積が、配送物に接しているか、ということを表したものとなります。
受圧面積が大きければ大きいほど安全なのではないか、と思いがちですが、実は、違います。大きいと、かえって衝撃が吸収できない、ということさえあるのです。それよりも重要なことは、配送物が緩衝材にどれだけ沈み込めるか、ということです。それによって、安全性、というものが変わってきます。
ぜひ受圧面積について知り、安全な配送をしましょう。

脱プラで見直されているセロハン

脱フラの動きが追い風になっているのが、セロハンです。脱プラでセロハンが見直されてきているのです。

セロハンはプラスチックと似ているため、脱プラの動きで製造縮小になっているのかと思いきや、逆で脱プラが追い風となっているのです。

プラスチックとは違い、セロハンは木材から取り出した繊維を加工して製造しています。土壌や海洋で自然分解されることから、昔からあったセロハンが注目されています。

脱プラでセロテープも注目を集めている1つです。

脱プラでレジ袋が有料化になってからは、「お買い上げありがとうございます」やお店のロゴが印刷されてテープの多くはこれまでは、プラスチック素材がつかわれたOPPテープでしたが、最近はセロテープを採用する企業も増えてきました。

環境に配慮するという動きがより活発化してきたことの表れです。

梱包用に最適な布テープ

テープにはさまざまな種類があり、それぞれで最適な使用用途は異なります。
ダンボールに荷物を梱包して発送したいときにおすすめしたいのは、布テープです。
布テープには重量物の梱包に威力を発揮する特徴があり、重い荷物を入れたダンボールの底に貼り付けても抜けにくいです。
強度が非常に安定しているため、荷物を梱包する場合にはよく使われています。
また布テープは、切りやすいのも特徴の一つです。
手で簡単に千切ることができるので、梱包作業も効率的になります。
梱包作業をしているときにテープをハサミを使って千切るのは、非常にめんどくさく効率も悪くなります。
ですが片手でも簡単に千切ることができるので、素早く荷物をまとめることができます。

スチール缶のTFSは日本で生み出された

食品包装の始まりとも言われる缶詰は登場してから数々の改良が施され、金属缶の一つスチール缶に使用されているTFS(錫無し鋼板)は、日本で開発されたものとして知られています。

このTFSは、錫の代わりにクロムを使って鋼板に表面処理技術で薄く膜を作っていくことで製作されるもので、メッキを施す大きな理由である錆(さび)を防ぐという耐食性の向上に優れた手法とされています。

さらに、TFSは薬品にも強く、耐熱性にも優れているほか加工性や印刷といったデザイン面でも優位性があることから、またたく間に世界へ広がっていったと言われています。

その後もTFSを使ったスチール缶には改良が加えられ、製造技術の向上と相まって、缶自体の製作をはじめ食材の充填の高速化、素材の薄肉化(0.18mmも可能)で25gという軽量化も達成されたと言われています。

プラスチックフィルムは延ばすと特性も向上

プラスチックをフィルム状にする目的は、単に延ばして薄膜化するということより数々の特性が延ばすことで向上していくからと言われています。

このフィルムの延伸により向上すると言われる特性には、透明性をはじめガスバリア性、耐衝撃性、引っ張り強さなどが知られています。さらに、フィルムの延伸方法にもいくつかあり、ロール状に巻かれた素材の長手方向のみ行う「一軸延伸」、長手方向延伸後幅方向を延伸する「逐次二軸延伸」、両方向同時に行う「同時二軸延伸」などがあります。

このようなフィルム延伸で特性が向上するのは、引き延ばした方向に分子配列が揃うことに起因すると言われています。

たとえば、一軸延伸では延ばされた方向では裂けにくく、延ばされていない方向では簡単に裂くことができるといった顕著な違いが表れてきます。

緩衝材の需要が増している

緩衝材は様々なところで活用されています。昔からあるものですが、最近寿命が増しています。その理由はネットショッピングやネットオークション、フリマアプリなど配送で使われているからです。個人で様々なものを送付するようになり、商品の保護をするために葉不可欠です。緩衝材はプチプチと呼ばれるエアーキャップや発泡スチロール、ウレタンスポンジなどがあります。
輸送中に壊れたり傷ついてしまうケースが少なくないので、緩衝材を使用して商品を保護することは大事なポイントです。緩衝材は材質や形状で特徴が違うため、使用するものに合わせて選ぶことが重要になります。正しい使い方ができるかどうかで、緩衝材を効果が大きく変わってしまいます。

ギフトボックスはプレゼント用に最適な箱

贈り物や商品を入れる箱として最適なギフトボックスですが、それそれの物の大きさや形に合わせて選んでいくことが求められます。種類が豊富なお店であれば必ず見つかりますし、場合によっては無ければオーダーで制作依頼するということも有ります。品ぞろえの豊富なシモジマであれば、探している物がきっと見つかりますし通販で手に入れることも可能です。メルカリなどのアプリで物を送る機会も一般の方の間でも増えていますし、企業としても商品を送る時に使う箱はこだわって選んでいきたいものです。ロット数が多ければ1個当たりの料金が安くなったり、送料が割引されることも有りますので要チェックです。大きさや形、素材など様々な物があります。

米国缶詰最大手の挑戦と包装

アメリカのキャンベルスープ社のキャンベルスープ缶は、米国の食文化を象徴するものです。アンディ・ウォフォールの代表作「キャンベルスープ缶」は32種類、ニューヨークの近代美術館に20世紀を代表するアートとして展示されています。ウォフォールは当時のチェコスロヴァキアの移民の子として生まれました。両親とともに米国に渡り、肉体労働者だった父親はアンディが14歳のときになくなりました。

その後、母親の手によって育てられた彼は、キャンベルスープの温かい味わいが貧困生活の中での唯一のやすらぎであったと伝えられています。缶詰の分野も、ガラスびんと同じように、低落が続いています。缶詰スープの最大手のキャンベルスープ社の売上も減少傾向といいます。現在、パウチによるスープを展開して消費者へのアピールを懸命にしています。