コラム」カテゴリーアーカイブ

食品包装容器は革新技術

世紀は、「食品用包装容器」が近代産業の一つ として技術的に確立された時期と言われています。この技術とは、食品を金属缶やガラス瓶に密封して殺菌して、長期間の保存を可能にする缶詰や瓶詰の技術です。この背景として、当時主流であ った生命 ( 微生物)の「自然発生説」を否定する実験を行い( 1861年)、「微生物は微生物から生まれる」ことが証明されたことによります。これによって食品の調理法や殺菌・滅菌方法などの食品加工技術の基礎を確立し、密封・殺菌が可能なガラス瓶・金属缶 などの包装容器の開発などとまって、さらに高度な包装技術が開発されていく結果となりました。
まさに、包装容器の製造技術や食品加工技術の工場は 、缶詰や瓶詰の製造技術を除いては語ることが できないものであり、缶詰と瓶詰の製造技術は、近代的な容器製造技術、包装枝術や食品加工技術のパイオニアであり、育ての親でもあるといえることでしょう。

女性向けの商品包装デザインについて

化粧品販売店やネイルサロンに置く商品など女性向けの包装デザインというものがあります。印刷文字タイトルの一部にシンボルタイトルを加えたり、デザインに遊びを生んだりするといいようです。重要度の高い部位を強調するために、該当する部分の大きさや処理だけを考えるだけでなく、相対的なコントラストで考えていきましょう。女性に向けたフォントを選ぶ必要もあります。サービスの特性と読んでもらえるフォントを選びましょう。化粧品の販売といったものや店舗のイメージに合わせて、地の文は明朝体がいいでしょう。この明朝体を基本書体に選びます。裏面のリード文は、ウェイトの細い明朝体を用いましょう。明朝体を用いると繊細さを感じさせるデザインに仕上げていきます。太いフォントで長い文章を書いたりすると、紙面がくろぐろとなってしまいます。これでは読んでもらうのは難しくなります。長い文章の場合は、明朝体を使うといいでしょう。色数の方は絞って同系色でまとめます。商品を引き立たせるような清潔感を感じさせるベースカラーにホワイトを選びます。このホワイトをシンボルカラーにしてミニマルな配色にしましょう。色数を絞ることで、上品に仕上がります。色を多用すると煩雑な印象を与えるだけではなくて、読みにくくなってしまいます。これでは受け手に対して優しいデザインではなくなります。商品が使用している色と同色、あるいは同系色を使用することで、印象が落ち着きます。見やすい紙面になるように工夫しましょう。フォーカスポイントであるタイトルを加工用に商品の切り抜き写真を配置しましょう。レイヤーとスケールによって誌面に奥行きと躍動感がでてきます。特に意図がない場合、商品写真は傾きをつけましょう。

百貨店向け商品の包装

百貨店向けの商品の包装では、色合いを上品にまとめることが大切です。価格を目立たせながら上品で華やかなものになります。その中でもリーズナブルさを表現するは、情報量は、中・大、写真は切り抜き版、文字組はやや緊密、価格表示は、中・近、配色は明るいです。余白と優しい色調と、背景つきの商品写真といったもので高級感を表していくと効果がでてきます。

文字組と価格表示を高級表現にすると、アクセサリーなどの値段設定の高いものに使えます。バーゲンセールで並んでいても上品なイメージになりますし、安っぽい印象にはなりません。緻密な文字組と配色の効果で高級感を維持したデザインになります。価格表示を大きくしない緻密な文字組で高級感を表します。

配色のほうは、同系色のピンクにと統一するなどして、そこに少量の青や黄色といった色でアクセントをつけてみるといいでしょう。すべてリーズナブル表現にするのは、高額商品のバーゲンにも使えます。カジュアルでお買い得というのを打ち出すために、大きく力強い文字で堅実なお買い得感を表すことも。そこにアニメでコミカルな人物を加えたレイアウトで、親しみやすさを出すというのも場合によっては必要かもしれません。もし情報量と価格表示を格安表現にしすぎてしまうと、百貨店向けではなくスーパーのセール向けのようになってしまいます。

優しいトーンの配色と価格表示を控えめにするということで、激安感をやわらげつつも必要な情報を伝えることができます。穏やかな感じで見る人に癒やし気分を伝えられたら成功です。癒やし感のあるお買い得情報が載ったデザインになります。いろいろなパターンを試してみましょう。