投稿者「admin」のアーカイブ

包装の未来と世界の包装について

少し前まで、包装のアイデアというのは海外にヒントがあるように思われていました。また、技術といえばバリア力とか軽いとかそういったものが求められていましたが、それが今は環境に配慮したものでなければならない時代になっています。循環型社会の中心にいるのが包装業界ともいえると思います。サステナビティの再検証も必要です。

また、研究をしなければなりません。この研究ということからいうと、大学発の包装新技術というのも注目されています。日本は技術のちからでいろいろなタイプの包装を作ってきました。ただ今まで育ててきた包装基材、包装技術といったものを環境に配慮したものへと切り替える必要になってきたということです。バイオ包装材料などで、土に還るものといったことも研究が盛んになってきています。個食が増えた関係から、一回飲みきりなどの商品が増えましたが、ゴミも増えてしまいます。また、グローバル企業が完全にプラスチック容器をやめるという宣言もあります。これに対応するのも包装業界です。プラスチック容器に変わるものを作り出していくことも大切です。また、紙を使った容器などが日本発信であったりします。小さな会社にとってもビジネスチャンスということになるようです。

食べられる包装紙というのも出てくる可能性もあります。家庭がゴミを捨てるときリサイクルという意識は根付いていると言えますし、街歩きをしていたり、駅などでジュースを買った時にポイ捨てするということも減ったと思います。反面、このように徹底されていない国もたくさんあります。やはり世界で売るということの先には、商品を包んでいる包装の行き先も考えなければならないと思います。

【正しい梱包で鮮度保持】梱包資材 Fitness!のトップへ