食品包装のメリット

食品を包装する「食品包装」は、スーパーで見かけるさまざまな食材を守っています。食品包装は、大きく分けて四つの役割があると言われています。まず、食品の品質を守るという点です。生産から流通・消費で運ばれていく中、どうしても品物はダメージを受けやすくなってしまいます。その衝撃から守ることはもちろん、良い包装をすることで賞味期限を延ばすこともできます。次に取り扱いを容易にするということです。輸送がしやすい・保管がしやすい・陳列がしやすいというので、全体効率が上がります。コスト削減ができるのは、大きなメリットです。次に、情報伝達をスムーズにすることです。容器に賞味期限や材料などを分かりやすく書いておけば、消費者も安心できます。同じ情報伝達として、広告効果を与えるということもあります。食品包装によって、商品の魅力が大きく変わってくるでしょう。