ビニール袋の素材とは

普段からよくポリ袋とビニール袋を使っているけれど、それらの違いがよく分からない、という方は多いです。では、どのような違いがあるのでしょうか。
実は、そもそも素材が違います。ポリ袋の素材がポリエチレンやポリプロピレンであるのに対し、ビニール袋の素材は塩化ビニル樹脂です。素材の名前から、商品名が名付けられた、と言っても過言ではないでしょう。
ビニール袋は、塩化ビニル樹脂の中でも、軟らかいものが使われています。ですから、あれだけ柔軟性があって、沢山のものが入る袋になっているのです。
ポリ袋は、裂けにくいということが特徴として挙げられるため、ビニール袋以上に沢山のものを詰め込むことができます。また、素材の加工の仕方によっても、その性質が変わる、という特徴があります。
ビニルは袋だけでなく、様々な商品に使われています。その魅力を知り、楽しみましょう。