受圧面積とは

配送物を安全に運び届けるために、緩衝材がよく使われます。配達を利用した方ならば、ダンボール箱に、発泡スチロールが敷き詰められている、というような経験をしたことがあるかと思いますが、この緩衝材が、うまく働いているか、測る指標というものが存在します。
その指標はいくつかあるのですが、そのうちの一つに、受圧面積というものがあります。受圧面積とは、配送物に衝撃が加わったときに、緩衝材のどのくらいの面積が、配送物に接しているか、ということを表したものとなります。
受圧面積が大きければ大きいほど安全なのではないか、と思いがちですが、実は、違います。大きいと、かえって衝撃が吸収できない、ということさえあるのです。それよりも重要なことは、配送物が緩衝材にどれだけ沈み込めるか、ということです。それによって、安全性、というものが変わってきます。
ぜひ受圧面積について知り、安全な配送をしましょう。