脱プラで見直されているセロハン

脱フラの動きが追い風になっているのが、セロハンです。脱プラでセロハンが見直されてきているのです。

セロハンはプラスチックと似ているため、脱プラの動きで製造縮小になっているのかと思いきや、逆で脱プラが追い風となっているのです。

プラスチックとは違い、セロハンは木材から取り出した繊維を加工して製造しています。土壌や海洋で自然分解されることから、昔からあったセロハンが注目されています。

脱プラでセロテープも注目を集めている1つです。

脱プラでレジ袋が有料化になってからは、「お買い上げありがとうございます」やお店のロゴが印刷されてテープの多くはこれまでは、プラスチック素材がつかわれたOPPテープでしたが、最近はセロテープを採用する企業も増えてきました。

環境に配慮するという動きがより活発化してきたことの表れです。