プラスチックフィルムは延ばすと特性も向上

プラスチックをフィルム状にする目的は、単に延ばして薄膜化するということより数々の特性が延ばすことで向上していくからと言われています。

このフィルムの延伸により向上すると言われる特性には、透明性をはじめガスバリア性、耐衝撃性、引っ張り強さなどが知られています。さらに、フィルムの延伸方法にもいくつかあり、ロール状に巻かれた素材の長手方向のみ行う「一軸延伸」、長手方向延伸後幅方向を延伸する「逐次二軸延伸」、両方向同時に行う「同時二軸延伸」などがあります。

このようなフィルム延伸で特性が向上するのは、引き延ばした方向に分子配列が揃うことに起因すると言われています。

たとえば、一軸延伸では延ばされた方向では裂けにくく、延ばされていない方向では簡単に裂くことができるといった顕著な違いが表れてきます。