米国缶詰最大手の挑戦と包装

アメリカのキャンベルスープ社のキャンベルスープ缶は、米国の食文化を象徴するものです。アンディ・ウォフォールの代表作「キャンベルスープ缶」は32種類、ニューヨークの近代美術館に20世紀を代表するアートとして展示されています。ウォフォールは当時のチェコスロヴァキアの移民の子として生まれました。両親とともに米国に渡り、肉体労働者だった父親はアンディが14歳のときになくなりました。

その後、母親の手によって育てられた彼は、キャンベルスープの温かい味わいが貧困生活の中での唯一のやすらぎであったと伝えられています。缶詰の分野も、ガラスびんと同じように、低落が続いています。缶詰スープの最大手のキャンベルスープ社の売上も減少傾向といいます。現在、パウチによるスープを展開して消費者へのアピールを懸命にしています。