SAVE Foodに貢献する包装について

SAVE Foodに貢献する包装技術とは、ガス置換、環境制御包装、深絞り成形充填機上でトップフィルムに微細な通気孔を施したMAP、真空およびスキンパック、超高圧殺菌システム、省資源、食品安全、鮮度保持、消費期限延長のための包装材料、機会、プロセス最適化プロジェクトなどです。食品廃棄は、財政的損失だけではなく、環境への損失も示しています。無駄な食料は、最終的に消費されない食料生産に使われた土地、水、自然、人的資源をも無駄にしているということです。世界では毎日8億人の人々が空腹に飢え、一方では安全で栄養のある食物が廃棄されています。EUレベルでは食物の浪費と食品ロスとの戦いが始まっていると言います。今現在、食品サプライチェーン全体を通じて持続可能な生産、市場、消費を再構築しようとしています。