包材の役割

野菜や果物が鮮度を保つためには、呼吸ができるよう酸素と二酸化炭素の交換がされなければなりません。遮断してしまうのではなく、適度な透過性が必要になります。

レトルト食品などは長期保存されるため、長期間酸素や菌から遮断できる機能を備えているうえ、そのまま熱湯に入れられるなど包材自体に耐熱の要素も組み込まれています。また医療用品や医薬品に関しても、私たちの健康に直接影響するものですので、食品と同様に保護性が最も重要視されています。

更に、包装されたモノを輸送など流通させる際は、輸送中などで起こる振動、積み下ろし等の衝撃などに対応できるよう耐摩耗性や衝撃強度なども必要になってきます。

精密機器に対しては特に緩衝材を使用したり電磁気を防ぐシールド性のある包材を使用するなど工夫されています。