スマホで欲しい商品を探す生活者

忙しい現代人は、スマホで欲しい商品を探すようになりました。包装は商品と一体化していないといけません。メーカーは商品と一体化した包装を家に持ち帰って欲しいと考えています。ネットワーク技術が生活者を店頭に向かわせて、生活者を実際の商品に誘導して欲しいと考えています。企業が活用しているモバイル・コミュニケーションには、無線標識、無線ICタグ、近距離無線通信が引き金になると言われています。包装紙に印刷されたQRやバーコード、包装の近くにあるこういった無線発信装置がつながれば、生活者は欲しい商品を見つけることができます。通信機器は、小さく安くなって、さらに多くのことが可能です。包装はネットワーク技術とともに進化していきます。スマホを商品のパッケージにかざせば、どこで販売されているか判るということも可能にします。