天然由来の包装の研究について

一口サイズのフローズン菓子などと同様、ジュース、スープ、チーズといった食品分野にも可食包装の技術は拡大できます。また、防災用として、飲料水をココナッツ殻で包む研究も進んでいます。これは様々な地域の好みの味覚に合わせることが可能と言われています。ここでポイントなのは、企業として、ココナッツ殻の包装を天然由来と宣伝していないところです。おそらく天然由来の意味をめぐる議論を避けるためだと言われています。たとえ天然物であっても、ココナッツ殻は加工されているという事実があります。この会社は、天然由来の代わりに高機能栄養素というフレーズを使っています。これはこの会社の製品を伝統的な治療用の栄養素と、治療食との違いを考えてのことだと言われています。可食包装は、生分解などと同様に大きなポテンシャルを持っているといえます。