キャンベルスープとレトルトパウチ

キャンベルスープはアメリカの食文化そのものと言っても過言ではありません。ニューヨーク近代美術館に収められたアンディ・ウォホールの「32個のキャンベル・スープ缶」はとても有名で、キャンベル・スープといえば、金属缶というイメージがあります。そのキャンベル・スープは、プラスチック製バリア容器や無菌充填の紙パックも採用していますが、新たにレトルトパウチを加えることになりました。スープカテゴリーは停滞気味でした。スープブランドは、キャンベルにとって象徴でもあります。低価格で勝負しても、それが収益を高めることにもならなかったといいまう。そこで、畜肉、鶏肉料理のスキレットソースにも手を広げ、一層際立った味覚を加えることにしましたと言います。それがレトルトパウチGo SoupとSkillet Sousesです。