「海洋汚染」とレジ袋の有料化

「海洋汚染」を考えるなかで、2020年7月より日本国内で開始されたプラスチック製レジ袋の有料化は、どのような働きかけを地球環境にもたらしているのでしょうか。諸外国から比較すると日本は過剰包装の文化が根付く国といったような指摘を受けることもあるようです。店舗で商品を購入した際の何重にも重ねられるレジ袋や梱包には、お客さまファーストやホスピタリティといったような日本人らしい心づかいが詰まっているとも考えられるのですが、地球環境にあたえるプラスチック包装の乱用は、世界に広がる海洋汚染を招いてもいるようです。昨今、問題視されている海洋におけるプラスチックごみ問題やマイクロプラスチックは、様々なメディアで取り上げられクローズアップされてはおりますので、皆さんの耳にも届いているのではないでしょうか。一見、無限に広がる海洋の姿ではありますが、昨今ではその雄大なる海洋の浄化力が追い付けないほどの汚染を、人々の暮らしが発生させているようなのです。海洋汚染は多様な汚染源がみつかるようですが、そのなかでもプラスチックごみ問題は、海の汚染とともに海洋生物たちの生命危機にもつながっているようです。日本国内でプラスチック製のレジ袋が有料化されたからといって、すぐさま世界に広がる海洋の汚染が清浄化されるワケではありません。その根本ともなる原因を私たち一人ひとりが考えることが、まずは大切な一歩となるのではないでしょうか。