江戸のくらしに学ぶ

皆さんのご自宅で水道をひねると当たり前のようにキレイな水が出てくると思われますが、その昔、江戸時代の人々も大規模な給水システムを江戸の町につくることで、上質な生活水を手に入れていたのです。当時の世界各国の水道施設水準から比較してみると、江戸の町の給水施設はナンバーワンであったと考えられています。また「もったいない」精神をもつ江戸の人々は、水道の水も大切な資源として大切に使ったので、下水の溝に流れ込む汚水もほとんどなかったなどとも言われています。各家庭には「かまど」と呼ばれる現代版の「コンロ」が設置され、かまどではお湯を沸かしたりし魚や野菜などの食材を煮炊きしていたようです。江戸の人々の暮らしぶりにには、現代人にとってもたくさんの学びがみつかります。