食品包装容器は革新技術

19世紀は、「食品用包装容器」が近代産業の一つとして技術的に確立された時期と言われています。この技術とは、食品を金属缶やガラス瓶に密封して殺菌して、長期間の保存を可能にする缶詰や瓶詰の技術です。この背景として、当時主流であった生命(微生物)の「自然発生説」を否定する実験を行い(1861年)、「微生物は微生物から生まれる」ことが証明されたことによります。これによって食品の調理法や殺菌・滅菌方法などの食品加工技術の基礎を確立し、密封・殺菌が可能なガラス瓶・金属缶などの包装容器の開発などとまって、さらに高度な包装技術が開発されていく結果となりました。
まさに、包装容器の製造技術や食品加工技術の工場は、缶詰や瓶詰の製造技術を除いては語ることができないものであり、缶詰と瓶詰の製造技術は、近代的な容器製造技術、包装枝術や食品加工技術のパイオニアであり、育ての親でもあるといえることでしょう。