女性向けの商品包装デザインについて

化粧品販売店やネイルサロンに置く商品など女性向けの包装デザインというものがあります。印刷文字タイトルの一部にシンボルタイトルを加えたり、デザインに遊びを生んだりするといいようです。重要度の高い部位を強調するために、該当する部分の大きさや処理だけを考えるだけでなく、相対的なコントラストで考えていきましょう。女性に向けたフォントを選ぶ必要もあります。サービスの特性と読んでもらえるフォントを選びましょう。化粧品の販売といったものや店舗のイメージに合わせて、地の文は明朝体がいいでしょう。この明朝体を基本書体に選びます。裏面のリード文は、ウェイトの細い明朝体を用いましょう。明朝体を用いると繊細さを感じさせるデザインに仕上げていきます。太いフォントで長い文章を書いたりすると、紙面がくろぐろとなってしまいます。これでは読んでもらうのは難しくなります。長い文章の場合は、明朝体を使うといいでしょう。色数の方は絞って同系色でまとめます。商品を引き立たせるような清潔感を感じさせるベースカラーにホワイトを選びます。このホワイトをシンボルカラーにしてミニマルな配色にしましょう。色数を絞ることで、上品に仕上がります。色を多用すると煩雑な印象を与えるだけではなくて、読みにくくなってしまいます。これでは受け手に対して優しいデザインではなくなります。商品が使用している色と同色、あるいは同系色を使用することで、印象が落ち着きます。見やすい紙面になるように工夫しましょう。フォーカスポイントであるタイトルを加工用に商品の切り抜き写真を配置しましょう。レイヤーとスケールによって誌面に奥行きと躍動感がでてきます。特に意図がない場合、商品写真は傾きをつけましょう。