世界のゴミ問題と包装ができること

すっかり悪者になったと言ってもいいプラスチック。包装業界にとっては大きく方向転換を迫られる状況になったといえます。そんな中、さまざまな課題の解決に貢献するイノベーションの可能性について考えることがとても重要です。

日本の市場というのは、大きな再成長のポテンシャルを秘めているといいます。そして何より最新技術を生み出す国でもあります。「真のソリューションプロバイダーとしての世界規模の能力を感じて欲しい」と語る素材科学分野の大手の会社もいます。包装業界は、世界のゴミ問題に挑んでいかなければなりません。また、工業用包装、食品包装、衛生材料分野における高性能ポリオレフィン樹脂なども取り組む分野として注目され続けています。真空ガス置換トレーシーラーが開発されました。これは総生産数、機械の回転数などのデータを収集できて、計画的な生産体制の確立に役に立ちます。機械は水洗いできる構造も強みです。ガス置換包装というのは、食品の寿命を伸ばすのを実現できます。惣菜、水産加工品、農産加工品など広く活用できるということで高い需要が見込めます。まいたけなどのきのこが全国区になったのもパッケージの進化といえます。そしてこれを世界規模で広げることができるのも包装の進化です。現地仕様の包装で輸出することで、現地でも受け入れられるようにしています。

安全安心こそが日本の食品の大きな利点です。国産品の輸出拡大には包装によって安心安全を守っていかなければなりません。包装の品質向上こそが、日本の食品産業を支えることになると思います。また、高い鮮度保持への要望も叶えていくことも、包装業界の大きな発展につながるのではないでしょうか。

【正しい梱包で鮮度保持】梱包資材 Fitness!のトップへ